代行業者のメリット・口コミ評価を知りたい!

二次会の幹事は友達と代行業者、どっちがいいの?

    

二次会の幹事を友人と代行業者に頼む場合の、それぞれのメリット・デメリット

二次会で重要な役割を果たす幹事。
友人に頼むのが定番になっていますが、近年は代行業者に頼む人も増えています。
友人と代行業者、どちらがおすすめなのか?メリット・デメリットをまとめてみました。

 

友人に頼む場合のメリット・デメリット

 

メリット

友人に頼む場合の最大のメリット、それはアットホーム感ある二次会になるという事です。
ウェルカムボード一つをもってしても手作り感満載で、事務的ではなく、どこか温かい二次会を開催してくれます。
友人は素人なので時にはミスをする事もありますが、それすらも良い思い出になります。

デメリット

友人に頼む場合のデメリットは、幹事の仕事が多すぎるという事です。
会場探し、受付、司会探し、余興の準備、景品の準備。これら全てを、幹事は行わなければいけません。
プロではないので、当然全てを完ぺきにこなすのは難しいです。
些細なミスならば良い思い出になりますが、司会がヘタで会場が盛り下がった、参加者の名簿を損失してしまったなど、致命的な失敗をしてしまう可能性もあります。
また、仕事が多い幹事を友人に頼みにくい人も多いです。

 

 

代行業者に頼む場合のメリット・デメリット

 

メリット

代行業者に頼むメリットは、プロが二次会をプロデュースしてくれる事です。
プロの司会者を派遣してもらえるので、進行が悪く会場が冷めてしまう事はあり得ないし、盛り上げる時は盛り上げ、空気が悪くなってきたらフォローするなど、その場の雰囲気に合わせた司会をしてくれます。
また、受付が下手で参加者の入場が遅くなるようなトラブルも起こりません。
二次会の会場も、場所や収容人数など利用者の条件に合った会場を紹介してくれるので、会場探しの手間が大幅に減るのもメリットです。

デメリット

代行業者に頼む場合のデメリットは、費用がかかるという事です。
業者によっても料金は変わりますが、平均6~8万の費用がかかります。
格安という業者もありますが、その場合、司会者や景品の質などが悪い場合があります。
また、完璧な二次会をプロデュースしてくれますが、逆にアットホーム感・手作り感が薄れてしまいます。

 

友人と代行業者、どっちに幹事を任せるのがおすすめ?

なるべく二次会にお金をかけたくない、アットホーム感があり温かい二次会がいいという場合は、友人に任せるのがおすすめです。
多少お金をかけてもいいから完璧な二次会にしたいという場合は、代行業者に頼むといいです。

幹事を快くやってくれるという友人がいるならそのまま任せて、逆に友人に頼みにくいと感じたら代行業者を利用するのはいかがでしょうか。