結婚式の二次会にプチギフトは必要?

結婚式の二次会にプチギフトは必要?

結婚式の二次会にプチギフトは必要でしょうか。用意する場合の予算やおすすめギフトも教えてください。

結婚披露宴では引き出物を渡すのが常識ですが、二次会ではどうなのか、迷うこともあるでしょう。

ここでは、二次会のプチギフトに関するお悩みにお答えすることにします。

プチギフトは用意したほうがベター

結婚披露宴の引き出物と違い、二次会のプチギフトは必ず用意しなければならないということはありません。

かんたんに言えば、どちらでもいいのです。

しかし、二次会をお開きにする際は、新郎新婦は「今日はほんとうにありがとうございました」と、参加者の一人一人にお礼を言うことになるでしょう。

その際、ただ頭を下げるだけというよりも、何か小さなギフトを渡した方が、感謝の気持ちを伝えやすいはずです。

ギフトをもらって怒る人はいません。ですから、二次会のプチギフトは用意したほうがベターと言えるでしょう。

ギフトは洋菓子など、食べたり使ったりしてなくなるものがおすすめ

結婚式の披露宴で、引き出物をすでに贈っています。

ですから、二次会のプチギフトは、できるだけ小さくてじゃまにならないものにするといいでしょう。

また、後々まで残る記念品のようなものよりも、食べたり使ったりしてなくなるものの方が喜ばれます。

定番なのがスイーツ。

特に焼き菓子のようなものは、日持ちもしますから、相手に迷惑がられません。オシャレなゼリーなども喜ばれるでしょう。

食べ物以外では、入浴剤などもおすすめ。外国のメーカーのものなどを用意すると、特別感が出るでしょう。

クオカードなどのプリペイドカードも大変実用的で喜ばれるギフトではありますが、人によっては「金券か」と思う人もいますので。

一考の余地はあるでしょう。

アレンジメントフラワーも定番ギフトの一つですが、かさばって迷惑になることもありますし、男性客にはあまりよろこばれないかもしれません。

予算は500円から1000円程度

多くの場合、二次会のプチギフトの予算は数百円程度です。

繰り返しますが、すでに披露宴で引き出物を贈っているわけですから、高価なものを用意する必要はありません。

あまり高価なものにすると、かえって招待客に心の負担を与えてしまいかねません。

500円ぐらいから、せいぜい1000円程度の予算で、感謝の気持ちを伝えるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる